スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で一番パパが好き

 去年公開の「Jeasy Girl」だけど、なんちゅう邦題つけんねん!
 30男が、チケット窓口で、タイトル言うの恥ずかしいやんか(笑)。
 あたたかくていい映画でした。ベン・アフレックはいい男やね。
 あと、子役の子がかわいいなんのって。。。
 それと、監督(ケヴィン・スミス)のNew Jeasyに対する深い愛が感じられるような丁寧な撮り方がしてあって、またあのへんに行ってみたくなりました。

ブリジットジョーンズの日記②

こんな連日、映画に行っているのは人生初だな(笑)。
金をかけているだけに、画面の切り替えがうるさい嫌いもあったけれど、BGMの使い方が見事。特にEverlasting Loveがよかった。U2がオリジナルだってことすら意識して聴いていなかったけれど、これで一気にHeavy Rotationになる勢い。
ストーリーは、やっぱOL必見だったわ(いい意味で)。
それにしても、MOVIX六甲のレイトショー1200円っつうのはよい。

エターナル・サンシャイン

平日に会社帰りに映画とは、人生はじめてかも。これもパラサイトならでは(笑)。
さて、感想は、ジムキャリー一度は笑わせてよ、て感じか。
帰ってキャストを見直してみたら、実は微妙に豪華だった・・・。ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト、イライジャ・ウッドなどなど。。。と言いながら、それぞれの代表作を全く見ていないのだが(笑)。
アラは目立つけど、ロングアイランドが綺麗で、設定が坂上向けで、まあ★3つ?

トニー滝谷

シネカノン(死ねカノン?)神戸なる、ハーバーランド内の映画館での上映。夕方に電車で行ってきたけれど、電車で高速神戸なんて、悪夢の忘年会@ハードロックカフェ以来かも。

村上春樹の短編を、ただひたすら朗読とシンプルな場替えで見せるという実験的な映画。(ちと違うかも)
春樹ネームと出演者の小劇場的(?)テンションがツボに来て、すごく名作に見えた。
宮沢りえ、また15年前の神領域に少し戻ってきたかも。
(最近は、資生堂のCMもグー)
映画自体は、もしかしたら「僕らの七日間戦争」に匹敵する名作では?
CALENDAR
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RECENT COMMNTS
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
INFORMATION

さかのうえ

  • Author:さかのうえ
  • 好きな馬:マヤノトップガン
    無人島に持っていく1枚:チャイ5@ゲルギエフ
    出張で新幹線に乗りこむたびに、おもちゃ箱をひっくり返したかの如く新しいアイデアが生まれるような人になりたい。
RSSリンクの表示
RECENT TWEETS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。