スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もこの季節 ~POGのドラフトでした~

 競馬の世界では、ダービーが終わると、少し気が早いがもう夏気分。来週あたりからは北海道開催なんかが始まって、ひとつ下の世代が次々と来年のクラシックへ向けてデビューを開始する時期に入る。
 わざわざここを読んでくれている方々は、まあそんな解説もいらないことでしょう(笑)が、ということで、この時期恒例のPOGドラフトが、今年も仲間内で大々的に(?)行われました。
 昨年デビュー組は、中途半端な戦略がたたって(↓)、
http://noue.blog7.fc2.com/blog-entry-87.html
今日現在、指名8頭中、勝ち上がりがたったの2頭という低迷ぶり。
 これではいかん、ということで、今年は(もともと出かける用事もあり)リストを事前に提出して、当日の流れに身を任せてみるスタンスに戻してみました。(結局出かける用事がキャンセルになったので、今年はSKYPEで現地を繋いで実況音声をぼうっと聞いておりました)

 今年は、サンデーサイレンス産駒がいなくなってはじめての世代ということもあり、まあ皆さん、なかなか個性の強い指名馬となってました。上位指名で目立ったのは、アグネスタキオン産駒に人気が少し過剰にいっているかな、というところ。
 意外と、サンデー登場前、ほんの10年ほどの競馬界を席巻していたマル外(外国産馬)なんかは、また時代は繰り返して人気が出るのかな、と思いきやさにあらず。時代が一気に変わって、繁殖レベルの輸入も増え、血統レベルで言うと今は日本のレベルがone of トップ国になっているということなんでしょうか。(でも、私はこういうときの逆張りの発想で、マル外を入れまくりましたが)
 なお、全8頭中8位指名に、メジロラモーヌ最後の産駒(父タニノギムレット)を入れておきました。ここまで繁殖としては泣かず飛ばずだったラモーヌ、最後に大物が出たら、しかもこの血統でということなら漫画になるのだが(笑)。

安田記念予想→反省

[予想]
ただでさえ手薄な短距離路線に、調子がイマイチどうなんだかわかんない香港勢、、、なんて手を出すレースじゃないな、こりゃ。。。

◎ブリッシュラック
○バランスオブゲーム
▲ハットトリック
△カンパニー
△ジョイフルウィナー
△テレグノシス
△シンボリグラン
△アサクサデンエン

 ブリッシュラックは、ここを勝てばアジアマイルチャンピオンとして追加ボーナス$1 millionをゲット。いちおう巷で言われているのは、たぶん本気だろうとのことなので、本命。一昔前のJCの外国勢のように、あっさりレース後にコメントを翻すリスクがあるにはあるけど。。。
 バランスオブゲームは、何となくこういうレースで勝春があっさり来るような予感がするもんで・・・。
 以下は、買ってないと後悔するよな、ていう順で。


[反省]
 香港勢は、ブリッシュラックはもとよりジョイフルウィナーまで本気だったのね。
 上記予想から言って何かの買い目がかすってそうなもんだが、こういうときに限って三連単しか買ってなくて、◎-△-△だからやっぱり届いてないわ。。。
 それにしても、バランスオブゲームなんかに目がいくのなら、どうして去年の覇者の2着付けくらいは買っておかないんだろうか?(38万円馬券)やっぱ、自分の馬券の基本は馬連!だよなあ。それにしたって久しぶりの万馬券getだったのに。

 ・・・てことで春競馬は、いいレースや懐かしい人に久しぶりに会えたりと観戦的には合格だったのだけれど、馬券的にはやっぱりテンション上がらずに終わりました。(宝塚記念は、まあ今年は淀だし、おまけみたいなもんです)
 夏、海外遠征組で興奮・感動して、また秋競馬が盛り上がると良いのだけれど。。。

東京優駿(日本ダービー)→反省

[予想]
 ◎マルカシェンク
 ○メイショウサムソン
 ▲トーホウアラン
 △フサイチジャンク
 △ジャリスコライト
 △アペリティフ

 福永・和田そして牧原の「花の12期生」もデビュー10年。そろそろ機は熟したと言えてしまうかもしれない。そして、何といっても今年はサンデーサイレンス産駒最後のダービー。てことで、今年の本命はこれしかないでしょ。
 正直、ここまで順調に来ていない点や、雨模様でキレ味を削がれそうな点を考えると、正直ちょい足らずだとは思うけれど、関係者も外野も野次馬もいろんな思いを乗せて走る集大成のレースがダービーなわけで。
 できれば、新しいダービージョッキー誕生を生で見てみたいもんです。

[反省]
 結局、(めんどくさくなって)ダービー当日に移動したため、出張用のでかい荷物を抱えて空港から府中に直行することに。
 関東地方は午前中にぱらぱら雨が降っていたせいか、去年よりは人の出足が減っているとはいえ、やはりダービーともなるとそれ相応の人手で、荷物の預かりも、普段の一時預かり所では手一杯なためメモリアル60まで行ってほしいとのこと。
 そこで、お姉ちゃんの一言にもうブチ切れよ。
 「お帰りは、4時半までに取りに来てください」
・・・ておいっ! あんだけ「本年度はダービーの後に、一レース挟んで、なんと最終レールは目黒記念! 発走は5時ちょうど」と告知しておきながら、何たるお役所仕事! 受付のお姉ちゃんには何の責任も権限もないのはわかっていながらも、思わず「え、5時じゃないの?」と聞き返してしまったやないの。
 前置きが長くなってしまったが本題。一部の馬にに不利があったとはいえ、勝ち馬と2着馬のパフォーマンスから見て、とにかくいいレースでした。この東京開催でずっと言われ続けてきた前残りの流れは濃かったものの(馬場も悪かったし)、好位置につけられる自在性というのも馬(あるいは騎手)の大きな能力なわけで、その点からはメイショウサムソンはとにかく強い競馬だったと思う。対して、まだ祐一にはこの点で早いってことじゃなかろうか? そして、また来年。
 どこかのblogに書いてあった気がするが、ここ2年のダービーというのは、勝ち馬のあまりにも桁外れたパフォーマンスゆえに、レースとしてはどこか壊れた流れだったと思うけれど、今年のダービーこそ、競馬の様々な要素を含んだ、いいレースだったといえるのでは?
 さて、で三冠? ディープとの対決? このまま無事に行って、秋競馬の開幕時の、あのどきどきわくわく感を久しぶりに味わいたいもんです。

今年も三冠馬は出ず・・・

プリークネスS、ベルナルディーニが制す
ケンタッキーダービーで無敗のまま2着に6馬身半の大差をつけ、「すわ! 今年こそは三冠馬誕生?」と期待されたバルバロだったが、二冠目のプリークネスSで残念ながら故障、場合によっては命も危ない重傷とのことで非常に残念。。。
正直言って、例年どおりここは楽勝、問題はベルモントSだろうなと思っていたので、全然チェックもしていなかったのだが、こういうこともあるのね・・・。

優駿牝馬(オークス)は、アサヒライジングを単穴に

時間がないので、詳細は割愛で。
-----
馬券買う時間も殆どなかったので、アサヒライジングの単勝・複勝のみちょろっと。
てことで、複勝がちょろっと当たったのだけど、オークス初的中ってのに、この不完全燃焼は何だ?

CALENDAR
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RECENT COMMNTS
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
INFORMATION

さかのうえ

  • Author:さかのうえ
  • 好きな馬:マヤノトップガン
    無人島に持っていく1枚:チャイ5@ゲルギエフ
    出張で新幹線に乗りこむたびに、おもちゃ箱をひっくり返したかの如く新しいアイデアが生まれるような人になりたい。
RSSリンクの表示
RECENT TWEETS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。