スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム @宝塚大劇場

「宝塚星組公演」
(愛するには短すぎる)
 原案:   小林 公平
 脚本・演出:正塚 晴彦
(ネオ・ダンディズム)
 作・演出: 岡田 敬ニ

何だかんだで、昨年来ほぼ毎月見に行くことになってしまった宝塚歌劇。
年明けのマリー・アントワネット以来、星組の娘役トップ(白羽ゆり)の立ち姿とか、凛とした声がいいよなあ~と思っていたら、いつの間にかmixiのコミュに入ったり、ファンサイトがお気に入りに入っていたりやらで、あんたドハマリやん! それもそのはず、彼女は顔のつくりが同系統だったり誕生日(12/28)が同じだったり、と他人とは思えんのよ。それと、声質が若かりし頃の(失礼)長野里美にそっくりで、デジャ・ヴを感じるのよねえ~。宝塚やめたら「トランス」でもやってくれないもんだろうか?

というようなオタ話は置いておいて、今回は初めて発売日に並んでチケットをゲットしてまで、行ってきました(・・・て書けば書くほどキモいな)。
湖月わたるのサヨナラ公演ということもあり、ミュージカルのほうは、いかに役者を見せるかという宛書きが中心。ストーリーの骨子はとにかくシンプルで、なにせ最初5分で殆どすべての話がわかるほど(笑)。ショーも何だかいつも以上に気合が入っている感あり、日曜の午後、贅沢な時間の使い方にふさわしいエンタメでした。
でもきっと「だからなんなのよ」なんて考えちゃあダメなのよね、宝塚は。何にも考えずに、ただ心地よく浸れるもの。悪く言えば思考停止なんだろうけれど(それを現実に持ち込んだり混同すると、キモ腐女子になるんだろうけれど)、このへんの一瞬で別世界っちゅう呼吸がようやくわかってきたようで、いよいよこれはハマっていくのかもしれない。
来月あたり、私が大劇場でファンクラブの組服(特攻服ではない)を着て、ジェンヌをガードしていても見てみぬふりをしてください。

あ、そう、やっぱり次の星組トップ・安蘭けいはうますぎです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CALENDAR
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RECENT COMMNTS
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
INFORMATION

さかのうえ

  • Author:さかのうえ
  • 好きな馬:マヤノトップガン
    無人島に持っていく1枚:チャイ5@ゲルギエフ
    出張で新幹線に乗りこむたびに、おもちゃ箱をひっくり返したかの如く新しいアイデアが生まれるような人になりたい。
RSSリンクの表示
RECENT TWEETS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。