スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やらずの雨@バウホール

「雪組 バウ人情噺」
脚本・演出: 谷正純
出演   : 音月桂・純矢ちとせ

 昨年から続く宝塚歌劇巡業の旅、「毒を食らわば皿まで」てなわけで、ついにはバウホール公演にまで手を伸ばすことに。。。でもね、「お初徳兵衛」を骨子になんて予告されると、ここ最近の歌舞伎熱がうずくじゃないの。。ただ、骨子にしていたのは、江戸落語のほうなので、最後まで「この二人は心中すんのね」と思いながらワクワクハラハラ見ていた私は、そういう意味では肩透かしをくらったのだが・・・。
 「お初徳兵衛」解説①
 「お初徳兵衛」解説②
 で、肝心のお話ですが、いやあ~実際よかったすね。何よりも、計算された綿密なプロットと、久しぶりに味わう小劇場(近鉄小劇場に合掌)での観劇の独特な空間共有感に、心地よい時間を過ごしました。三井住友VISAカードの貸切公演だったため、いつもより男性比率が高いのも安心感があったり(笑)。ただ、おしむらくは、観劇人生初ともいえる大遅刻をしでかしたこと。宝塚腐女子blog界隈の話では、最初の20分の音月桂が相当イケてたそうで・・・。
 プロットに話を戻そう。そもそも歌だとか小話だとかをオリジナルにしている話って、先週のCopacabanaにしろ、Mamma Mia!にしろ、あるいは野田の贋作モノにしたって、どこかに設定やら話の筋やらに強引を感じるものだが、今回のはホントよくできていたと思う。で、後学のために、原作を調べてみた(ヒマ人か!)。
 「明鳥」
 「佃祭」
 「唐茄子屋」
 「芝浜」
 「夢金」
 いや、「夢金」のオチにはびっくりですわ。これを宝塚でもちゃんとやってほしかったのだが(笑)。

 役者も、悪い意味での宝塚らしさがなくって、落ち着いたトーンでよかった。
 主役の音月桂は「いずれトップ」との評判もあって、立姿も台詞回しの変幻っぷりも足に地がついた演技で、非常に好感持てた。ただ、ちと背が?
 個人的には、太鼓持ち役に芸達者な配役をすれば、もっとホンが深まるのに惜しいなという気がしたり。おれだけかもしれないけど、何度か「よいしょ!」見ててつらくなった。
 でも、さすがにあれね。宝塚で花魁やると、(まあ男役ひきたてるためにあまりケバい色の着物じゃないこともあろうけれど)歌舞伎のようなまがまがしさがなくて、気持ちよいほど清々しいね。やっぱ、こいつらは、どんだけDAKARAを飲んでも、全く「♪ジョジョビジョバ」がないんだろうな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CALENDAR
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RECENT COMMNTS
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
INFORMATION

さかのうえ

  • Author:さかのうえ
  • 好きな馬:マヤノトップガン
    無人島に持っていく1枚:チャイ5@ゲルギエフ
    出張で新幹線に乗りこむたびに、おもちゃ箱をひっくり返したかの如く新しいアイデアが生まれるような人になりたい。
RSSリンクの表示
RECENT TWEETS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。