スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした悪夢

実家の近く、私が幼い頃は延々と日本酒の酒蔵が並んでいた一帯が、どんどん大型店が立ち並ぶようになっているのだが、このたび、ついに郊外型スタバまでできるそうな。
で、10月開店へ向けて、内装・外装工事が急ピッチで進んでいるのだが・・・。
06-09-23_11-27.jpg

無機質な白地の看板にカタカナで「ドライブスルー」って、ちょっとセンスなさすぎでなかろうか? と思ったら、もう既に全国で20店舗近くこういった店舗があって、休日は結構盛況だったりするそうな。

でも、そもそもファストフードではなかろうに、ブランドイメージ崩したりしないのかなあ~とと思ったら、やっぱりおんなじことを考えているヒトは世の中に居るようで。
東京右往左往
スポンサーサイト

ようできてるわ、これ

言葉にできない more than words can say

山本昌の快挙のウラで

中日・山本昌、41歳史上最年長のノーヒットノーラン達成
これで、さすがにドラの優勝は決まりか・・・。

そりゃそうと、「うるぐす」で歴代の年長投手のノーヒットノーラン記録一覧を出していたのだが、今日の山本昌の快挙により、
>2000年6月20日 N・エルビラ(近鉄、32歳6ヶ月) 4-0 対西武 大阪ドーム
が歴代第4位に降格だそうな。
エルビラ、、、誰か覚えていてくれるのかな?

華麗なる協奏曲シリーズ ~モーツァルト生誕250年記念~@いずみホール

池田洋子プロデュース(企画・監修)による華麗なる協奏曲シリーズ Vol.1
=モーツァルト生誕250年記念=

指揮:延原 武春
演奏:テレマン室内管弦楽団

演奏曲目:
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K.491
        (p)陳 心怡
        ヴァイオリン協奏曲 第7番ニ長調 K.271a
        (vn)高橋 満保子
        クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
(cl)児玉 知郎
        ピアノ協奏曲 第12番 イ長調 K.414
        (p)池田 洋子

披露宴にもご参加いただく(予定の)彼女の師匠が演奏会にお出ましになるってんで、平日の夜ではありますが、馳せ参じました。考えてみたら、初のいずみホール。いやあ、いいホールねえ。ポーランドに行ったときにワルシャワでショパンコンクールの選考会場でシベリウスだか何だかを聴いたのだが、板敷きのシンプルなつくりが(最も材質は日本のほうがはるかに下なのだが)そっくりな気がしました。
考えてみると、ほんとに久しぶりのモーツァルト。今年はYEARだっていうのに、流行に乗り遅れているんだか何だか。。。
師匠の超絶技巧にもぶったまげましたが(ある意味前衛?)、もひとつぶったまげたのが、幕間開けて、3曲目のクラコン。実はこの曲を意識して聴くのは初めてだと思うのだけど、クラリネットって、こんなにも心のひだひだにまで染み入る音だったっけ? もしや幕間のプレミアムモルツの飲みすぎ? というほどの掛値なしに素晴らしい演奏でした。何だか、久しぶりに「あ~出会ってしまったなあ~」という感覚を抱いて、正直な話、2楽章あたりから鳥肌がおさまらず・・・。
wikipediaによると、モーツァルトの数ある曲の中でも、実は最高傑作なんではないかとの声もあるそうで、そりゃあ初めて聴いたら「何これ?」てなるわな。
児玉くんという名も覚えておこっと。

あれから5年だというけれど

5年前は、ただ単にウルトラクイズの決勝の地でしかない、殆ど縁もゆかりもなくただ地の果てにあるような存在だったニューヨーク。
5年経って、そのニューヨークが、自分の中ではかけがえのなく、ひとつの糧になっている(そしてちょっぴり挫折感を伴う)存在になってしまっているっていうのも、あらためて人生の巡り会わせというのは不思議なもんだと思う。
今日、追悼番組をぼう~っと見ながら、あの日以来世界が変わったとは言うんだけど(確かにそうかもしれないけれど)、でも、やっぱり有象無象を飲み込みながら、やっぱり何事もないように人のパワーを吸い続けているこの都市のえげつないパワーっていうのは、全く同じなんだと思う。
そんな、どうでもいいようなことを、ぼんやり考えてしまう今日9月11日。またいつかリベンジに行くことがあるんだろうか? そのときまでに、自分は何の武器を手に入れているんだろうか?

訃報

昼過ぎに飛び込んできたニュース。相当ショックでした。
おじゃる丸の原案者が死亡、自殺か
それにしても、何も自殺せんでも。。。自分の日常のペースと、作品で目に見えぬ無数の読者から期待されている世界とのギャップに、うまいことバランスがとれなかったのかもしらん。
それにしても、あ~、空しい。。。

バトンとば(回文)

mixiで、えらい大作のバトンがまわってきた。
weekdayだったら、間違いなくすっ飛ばすのだが、、、Thanks God, it's Friday!
さくっと(若干不真面目に)答えちゃいましょ。
いなすけさんの日記

●回してくれた方の印象をどうぞ。
その才能に、実は世界が嫉妬している

●周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?
・結局いちびり
・悩みなさそうー
・意外に神経質そー
・んでもって、軽く粘着質そー
・もしかしてスベリキャラかも?
・ミーハーよね

●自分の好きな人間性について3つ述べてください
・実はアツい
・思いっ切りバカができる
・仲間を裏切らない

●では反対に嫌いなタイプは?
・イキリ
・肩書きや立場をふりかざしてエバる
・仲間を裏切る

●宝くじで3億円当たったらどうする?
フロリダとバンクーバーに家を一軒ずつ買って、悠々自適

●どんな告白をされたらグッときますか?
ラーメンを食べに行って、映画にも行って、デートの最後で「君が好きです」とメールで告白

●こんな人が理想!!
いつだって、現在のパートナーが理想さっ!

●異性のどんな仕草にグッとくる?
台所で炊事やら後片付けやらやりながら、無意識に鼻歌
「ららら」とかね。

●自分を褒め称えてください。
まあまあ、よくやってんじゃん!
(どうして東京弁?)

●逆に誰かを罵ってください。
うっとうしいんじゃ、このタコ!

●人には理解出来ないんじゃないかっていうマニアックで地味な萌えポイントは?
メールでのひらがな不意うちこうげき

●このバトンを回してくれた人を食べ物にたとえると?
浅漬け?なぜか今ぱっと頭に浮かんだ。

●最近ハマってる場所は?
再来月に結婚式をする開業70周年のホテルの、古いんだけどボロくもなく、かといって古式ゆかしい伝統を感じるでもない、まさに昭和なバランス感

●今、何聴いてる?
'N Sync「Girlfriend」

●最近感動した出来事は?
米国駐在時代の後輩が、久しぶりの帰国の際に、お土産に↓を買って来てくれたこと。
Starbucks Bottled Frappuccino


●最近怖かった出来事は?
パートナーがご機嫌斜めの時は、いつも怖いっす。

●今行きたい場所は?
Yankee Stadiumで、松井の復帰戦の第一打席に立ち会って、スタンディングオベーションをしたい。

●明日の予定は?
競合他社の友人宅で、季節はずれの鍋会

●マイミクの皆さんにひとこと
私は決して博愛主義ではありませんが、出会ってきた人は
すべて自分の財産だと思ちょります。

●最近…恋してますか?
男性たるもの、1日に1度は、すれ違った人やテレビで見かけた人、昼食時のウェイターだとかに、ほんのコンマ数秒間の刹那的な恋はするもんです。

●車に乗ってるとき、窓の外に走る忍者が見えますか?
たぶん、甲賀の出だと思うのだけど。

●今どんなきぶん??
あと何問やらすんだよ~?

●今一番ほしいものは?
手先の器用さ、語学力、折れない気持ち

●異性の「ここだけは許せない」ってポイントは?
理詰めで話すと、感情でやり返されるところ

●ここ最近の身の回りの出来事などを漢字一文字で表すと?

・・・めぐみっていいよね、という話ではなく、安心・安定っちゅうことですわ。2~3年のサイクルで、ちょっち落ち着いてみようよ、という時期でいようとしているというのもある。

てことで、終わりだそうな。
私からは、指名なしっちゅうことで。

マジックバーに行ってみました

9月1日付で、密かにプチ人事異動(約8m)を経験した私。
本日は、新しいとこの歓送迎会でした。

新部署では、歓送迎会といえば、2次会では上本町の下記のお店に行くのが定番だそうで、
~Magic Bar~ French Drop
久しぶりに、マジックバーなんぞに行ってみましたよ。
いやあ~、やっぱプロはホントちがうわ。

最近、マリックもちょこちょこテレビで見るし、密かなブームなのか、これ?

明星真由美だっ!

NODA MAPから、年末年始の新作「ロープ」のちらしが届いた。
出演者は、宮沢りえ、藤原竜也、渡辺えり子、、、ふむふむ、、、えっ! 明星真由美だって!
NODA・MAP第12回公演「ロープ」

第三舞台も夢の遊眠社も、もの心ついたころには既に存在した劇団だったという意味で、私の世代(団塊Jr)は、小劇場世代というには、ある意味で遅れてきた世代だと思うのだが、大学時代に「早稲田の劇研で、行勢いのある劇団があるらしいよ」と聞いたのが、双数姉妹だった。
で、早速見に行ったのが「ハクチカ'96」。今となっては正直まったく覚えていないのだが(正直難しすぎた)、ただ印象に残っているのは、明星真由美という存在。東京を離れて、このへんの劇団をリアルタイムでカバーするのはなかなか難しくなったのだが、NODA MAPに呼ばれたり(「半神」は残念ながら見逃したが、「農業少女」は素晴らしかった)という話を聴くにつけ、「ああ、やっぱでてきたか」と思っていたもんだった。
ところが、突然、表舞台から姿を消した、、、と思ったら、何でも氣志團のマネージャーをやっていたんだそうで・・・。
昨年から女優に復帰しているらしく、密かに「UDON」にも出ちゃってたりするらしいのだが、、、こりゃあ、どうやら怒涛の流れが来ますよ!
と大胆に予言しておこう。だって、カムカムミニキーナだって、いまは八島くん効果で凄いことなっているんでしょ?(未確認情報)


青い目の大向こう

今朝の日経新聞の文化面に、歌舞伎鑑賞歴が30年近くになろうかという英国人ピアニスト、ロナルド・カヴァイエ氏の、大向こうからの掛け声論が掲載されていた。
その昔、鑑賞4度目にして掛け声をかけて以来、どうもやみつきになったらしく、先日のエビちゃん(市川海老蔵)ロンドン公演でも、本人自ら「成田屋!」をやったそうで、大層ご満悦だったご様子。

昨年来、何度か親しい友人には触れ回っているとおり、私の人生のひとつの目標は「いつの日か粋な大向こうになること」。
最近は、歌舞伎鑑賞のたびに掛け声のタイミングを自分でシミュレーションしたりもしているのだが、どうもプロとは1秒前後ずれることが多い。当たり前の話だけれど、やっぱり役者の目線や台詞回しを受けてからじゃだめなのよね。「舞台の半歩先を読む」ちゅうのが重要なわけで、そういやあ、オーケストラの指揮者と奏者も見てからではなくて独特のコンマ何秒かのラグであわせているだとか、宝塚歌劇のトップスターの登場の際は、すべての公演に動員されているファンクラブの怖い面々が、拍手のタイミングを先導しているだとか(どちらも同じ人からの受け売りです)、やっぱりそれ相応の流儀・マナーを学んでからでないといかんようだ。
考えてみりゃ、はじめて競馬場に行って「そのままー」っていつ言えばいいかさえもわかんなかったもんな(関係ない?)。

相武紗季&三谷幸喜@JAL「先得」

相武紗季のCA姿はいいのだが・・・。
aibu-jal06090204.jpg

唐突に「セーラー服を脱がさないで」着メロにあわせて踊りだす三谷さん、ただキャッチーなだけのCMでストーリーも深みもないのに、こんなのよく受けたよなあ~。

これに比べて、今流れている伊東美咲(&森光子)のANAのCMは伝えたいこともはっきりしていて、しかも1カット1カットの表情が完璧。このあたりも会社の余裕の差か?

コカの迷走?

たまには業界ネタでも。
コンビニに行ってゆっくりふらふら商品を見ていると、あらためて飲料棚の品揃えの移り変わりにクラクラするのだが、am/pmの片隅で見つけたのが、今週新発売のこれ。
dasani01.gif

おお、アメリカ時代に何度も見かけた懐かしの憎き(*)DASANIですよ。
(*)このブランドとペプシのAquafinaが、信じられないほどの低価格攻勢+「天然水なんて信じられますか? うちはとにかく水道水を何度も良質の濾過機でこしてまじりっけなしに管理された飲料水です」というマケ手法でシェアを拡大し、あっという間にアメリカのBottled Waterの市場が壊れてしまい、ローカルブランドの当社は撤退することに・・・。

それにしても、いくら無糖炭酸水がプチハヤリだからといって、日本では無名の米国ブランドをいきなり持ってくるかね? CMも力が入っているようにも思われるのだが、本国契約の制限からか何だか誰つかってんのかわかんないし、そもそも工業用(純)水を使っているのに「自然ですよ、天然水ですよ」といわんかのような背景はまずいんじゃなかろうか? 「広末浄化計画」で当局から怒られたばっかだっちゅうのにね。

などといいつつ、意外にこういうの売れたりするんだよな~。
それにしても、工業用水に人口甘味料を「これって健康かも」とありがたがって飲むっちゅう風潮が広がるのもなんともおめでたいことで。

ラストクロップ

昨年の9月に大往生をとげた日本初の三冠牝馬メジロラモーヌ。数年前にメジロ牧場に見学に行ったときは、(メジロドーベルなどの他の牝馬にくらべて)その圧倒的なオーラにびっくりしたもんだった。
明日の札幌の新馬戦で、その最後の産駒(父タニノギムレット)がデビューするそうだ。名前はメジロラスタバン。
残念ながら、これまでの産駒はまったくというほど走っておらず、この馬自身も、前日の馬柱を見る限りは低評価ないのだが、「夢の終わりのはじまり」をまずは見届けたい。
誰もはじめは予想すらしなかったストーリーを、それでも夢見られるというのが、競馬の限りない魅力だと思うので。
CALENDAR
08 ≪│2006/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT COMMNTS
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
INFORMATION

さかのうえ

  • Author:さかのうえ
  • 好きな馬:マヤノトップガン
    無人島に持っていく1枚:チャイ5@ゲルギエフ
    出張で新幹線に乗りこむたびに、おもちゃ箱をひっくり返したかの如く新しいアイデアが生まれるような人になりたい。
RSSリンクの表示
RECENT TWEETS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。