スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みやちゃん

日本に帰国後、なぜだか機会に恵まれず、お目にかかれていなかった友人のフィアンセに、久しぶりに再会。
このブログをその友人が見ているからというわけでは決してなく、明らかに昔会ったときと比べ、表情が豊かになってかわいくなっていると思う。
(沖縄旅行での写真は特に秀逸。全然関係ないのだが、部屋を整理していたら5~6年前のホットドッグプレスが出てきた。グラビアに「加藤あいと過ごす、はじめてのお泊りデート」(笑))

ただ、やっぱり、小学校時代の塾の友人マツオカヒロシくんにも似ているのだが(笑)。やつも、今頃はいい大人になって、宴会で「ヒロシです・・・」とかやらされているんだろな。(意味不明)


スポンサーサイト

なぜブログ?

本日(4/30)の日経朝刊(春秋)より

>名前や素性は明かさないが、それでもボクやワタシの話を
>聞いてほしい自称評論家やタレントがパソコン画面の向こ
>う側にひしめいている。
>有名になりたいのか。自分に酔っているのか。書き込みに
>精を出す四十代の男性に聞くと答えは意外だった。「誰も
>読んでくれなくていい」。何者かが自分を見ているという
>状態をつくり出す。そこで体験や思いを言葉にすれば自ら
>を律することができ、仕事や生活に励みも生まれるという。

言葉はいつも思いに足りない。。。(と鴻上尚史は言っていた)
あふれ出る思い(というと大げさだけど)を表現する言葉を吟味できる時間もなく、情報の洪水の波をかぶっている自分にとっては、案外、こうして文章を書いて「自分を律する」ていうことは必要不可欠なのでは?

8年ぶりのご無沙汰

「第三のビール」戦争はなやかなりし昨今、競合他社も万を持して新製品を発売! てことで、弊社スタッフ部署のほぼ全員が、先月・今月と営業応援に駆り出されることとなり、私も、久しぶりに店頭での販売応援に行ってきた。

新入社員の実習以来だから、ほぼ8年ぶりになるのかな。
そう、前回は、忘れもしない、あのマヤノトップガンが後方から差しきった天皇賞の日だ!(どれだけさぼって京都に行こうと思ったか・・・)
8年前の竜野もたいがい遠かったが、今回のジャスコ@加西市ちゅうのもたいがいなもん。5時半起きで、逆方向の大阪までいったん出て、えっちらおっちらバスで2時間の旅。

今回は、フロアの後輩と2人組ということもあって、ずいぶんと気楽ではあったのだが、何せ久しぶりと言うこともあり、「いらっしゃいませ」の一言すらなかなか口から出てこない。
昔と違い、コップに一口分注いで試飲させることも業界の自主規制で(?)できなくなっているし、さらに悪いことに今回は会社支給のジャケットに商品名はおろか会社名すら書いていないため、声出ししないと、客からは「あの兄ちゃん、一体何のためにあそこに立ってるの?」という状態なのだが・・・。
くだんの後輩のほうは元気一杯。
この日のために店側が用意した店陳スペースと、普通の酒売り場とが分かれてあったのだが、というわけで、エースを店陳スペースに追いやって、自分は酒売り場でまったりと。
どれにしようか悩んでいる客に個別攻撃という「ザ・ストーカー」ぶりをいかんなく発揮してきた(おいおい)。

にしても、立ちっぱなしは疲れた。
客が思いのほか少なかった(翌日がジャスコお客様感謝デーのため)のと、他社のキャンペーンガールが来ていなかったのが救いだったが。。。

帰りは単線の第三セクターを乗り継いで、てくてく帰る。
(↓こんな感じの一両編成)
sitetu0212081s.jpg



二軍オールスター

ひさしぶりに、私の親衛隊ども('00年入社の後輩♀)・w/きみかのオールスター飲み会開催。
ニューヨーク赴任前以来なので、3年もたちゃあ、それなりにみんな大人になっていて、仕事の話なんかしていると、打算のあるなしは(そうはいっても)垣間見えるのだけど、やっぱりこいつら最高。楽しすぎ。
けど、オールスター戦は、半年に一回の頻度でいい。

(↓写真は3年前)
IMAGE002s.jpg

阪神vs中日④

まだ前日の「北杜」も「シャトー・ベイシュベル」も体内に残ったまま、朝イチの便で大阪に帰り、そのまま出勤して(夕方はトイレで居眠りして)お疲れにも関わらず、甲子園でナイター観戦。

妙なハイテンションで、フロアの女性2人に相対し、引き笑いを引き出すも、試合は残念ながら負け。
リリーフの江草ちゅうのが出てきて四球連発して、試合ぶち壊し。
こういう展開ではビールが不味い。
山本昌がまだ一線級で活躍できているのは、何だか嬉しかった。

それにしても、平日夜にもかかわらず、甲子園は盛況のこと。。。

JR脱線事故と屋形船と

NY時代に現地でお世話になり、生活の一部をともにした常務が、この春の人事異動で退任することになり、会社の海外事業の新旧関係者で屋形船貸りきって感謝の飲み会をすることに。

ということで、自分以外は全員役職者という中、幹事団として当日あたふたと買出しやら準備やら(しかも出張のわけはなく、有休ですがな!)。
クイズ大会の賞品とすべく、MLBの公式試合球を買いに、パレットタウンのSports Authorityに出向いたところ、いやあ~MLBグッズの宝庫で楽しかったのなんのって。思わず賞品以外に、Green Monster Tシャツなんぞを買ってしまう始末。
ここはまた出張のついでにでも行こうっと。

ところで、ここへいたる途中、ゆりかもめが止まるハプニング! 何でやねん! と思い、しゃ~ないのでとぼとぼ歩き始めたら、駅売りの夕刊の見出しに「尼崎で電車脱線、16人死亡」と書いてあるのを発見。なぜか直感的に「すわ、阪神?」と思ったのだが、まさかJRだとは・・・。そして、まさか、そこまでの大惨事になっていようとは、この時点では思わなかった・・・。

夜はおかげさんで盛会の中、幕を閉じた。主賓の常務・参加者の気遣いもあって、気持ちの良い会を開くことができたと思う。
幹事団(NY時代の先輩と)で、後始末のあと、新橋の焼き鳥屋へ。「海外組に戻りたい?」云々の話に、なぜか曖昧な返事しかできず。正直、気持ちが「海外事業」というベクトルからは離れていっている気がする。ああ、また、この話はいずれ。
その後、新橋のラウンジへ。残念ながら出席できなかった幹事団のひとり(イマニシさん)と合流して、夜中1時まで。
明日、4時半起きやっちゅうねん。。。

ケツメイシライブ@さいたまスーパーアリーナ

正直、半信半疑だったが、ほんと最高! ライブがはじまって、ほどないうちに、「久しぶりに新しくハマれるものができた」という幸せな気分に浸ることが出来た。
日本語を母国語にしていることの幸せを噛み締めたことなど、これまであっただろか、いや、ない(反語)。
初めて聴いてから、たかだか半年も経っていないのに思い入れを語るのもどうかと思うが、ここまで真剣にアツくバカをやってくれるグループもあるだろうか? 第三舞台を見始めた頃(もう15年も前だ)の「同時代感」「とてつもなさ」「バカバカしさ」なんかを久しぶりに思い出した。
ようやく、同世代で、こんな思いをさせてくれるやつらが出てきてうれしい限り。

セットリストはこちら↓
-----
1:痔持ち一代
2:侍ジャポン
3:夏の思い出
4:幸せをありがとう
5:手紙~未来~
6:雲の上から
7:門限破り
8:そばにいて
9:三十路ボンバイエ
10:君にBUMP
11:よるかぜ
12:涙
13:トモダチ
14:花鳥風月
15:さくら
(アンコール)
16:ビールボーイ
17:ケツメンサンバ
-----

本日の大スポ

ゴマキの胸が、ここへ来て急成長しているそうな。
本人がファン限定イベントで明かしたらしく、近々発売の写真集も、週刊誌などへの露出がないため「めっちゃすごいのでは?」との噂。何でも、ヨーグルトを食べまくっているそうで・・・。
ていってもねえ~、これ、一般的なニュースヴァリューはあんのか?

マカロニ・ディフェンス

本日(4/23)の日経朝刊(プラス1)の「なるほど英語帳」によれば、M&A用語には、ホリエモンの一連の話で有名になった「ポイズンピル」やら「ホワイトナイト」以外にも、いろいろと比喩表現があるんだそうな。。。
中でも、一番「おおっ」と思ったのが「マカロニディフェンス」
>敵対的買収が成立した際に、より高い償還価格で強制償還する
>債券を大量に発行しておく防衛手段のことをいう。企業買収が
>行われると、債券の償還価格が茹でたマカロニのように膨らむ
>ことに由来する。

いろいろあるもんやね。
この間、パックマンディフェンスって英語なんや!と妙に関心したところだったが・・・。

んで見つけたのが、このページ↓
「JFK」て・・・(笑)
http://ftvjapan.ddo.jp/~funa/mt/archives/000299.html

友人への結婚祝電

友人(ナツガリ)がこの日に結婚。でも、彼女が結婚というのはまだ何となく信じられんのだが・・・。

というわけで、やっぱり一人でつくることになった(笑)祝電の原案↓
「ご結婚おめでとう。20代を共に走りつづけてきた仲間として、この日を迎えられたことを心より慶ばしく思っています。お二人で末永く『カンタービレ』な家庭を築かれることをお祈りしております。まだまだこれからも一緒に果て無きロマンを追いつづけましょう。 鳥取砂丘友の会一同」

祝電って、案外オリジナリティを出すのは難しいもんで・・・。
でも、音楽記号の意味やら何やら、めっちゃ調べたっちゅうの。
お気に入りは、冒頭の「20代を共に走りつづけてきた」と、差出人「鳥取砂丘友の会一同」か。


中国語講座

朝、会社の端末を立ち上げて、イントラを見たところ、「中国語初級講座開講」の文字が。
全社(グループ会社含む)で、限定6名ってあまりにも少なすぎないか? 東京開催分は、ものの1時間ほどで締め切られていた。
オレはもちろん参加! これで、夏の北京(上海?)行きは決定か?

粗相は? ニバイニバイ。。。

前担当役員が、出張のため大阪に久しぶり(3週間)に戻ってきたので、有志で「囲む会」を開催。
ところが、こともあろうに、懐かしく勝手知ったメンバーにあった気の緩みからか、日本酒を飲みまくってあえなく沈没。2時間近くトイレから出てこない醜態。。。
おっさん、もうええ大人なんやろ~。

それにしても、いつになく荒れ模様の飲み会でした。
やはり、部課長以下、新体制(新役員・新本部長)にはほとほと疲れはてているようで・・・。

ワインアドバイザー社内勉強会

グループの課長が「一人じゃさびしいから」ということで、付き合うことになった勉強会の第一回。
想像以上に、ホントに丸暗記だけの試験のようで、講義といっても、テキストを順番に読んでいって、「ここは出ます」「ここは細かいことは覚える必要はありません」という形式。
製造工程をそれぞれ、フランス語で覚えろとのことで、こんなもん、よう先人は受かったなあ~と妙に感心。
それにしても、3時間の授業になるとは、もうへとへと・・・。

BISTRO SMAP 宇宙の旅(予告編)

おお!Houstonに稲垣と香取が!
近日放送らしいけれど、こりゃ楽しみだ。

(日テレ新番組)「A」

まだ始まって10分だが、全然ダメダメな感じだ、この番組。
そもそもインターネットを使うのが新しい、ていうのなら同時性をウリにするべきだろうのに、生放送でない時点でなめすぎ。
まあ、伝説の「TVスクランブル」を期待した俺があさはかだったか・・・。

でも、中国・韓国(香港も?)とこんな状況になっている今、生で久米宏に生で物申してほしいと思う人間も、世間では多いはず。

かろうじて、あややに★1つってとこか?

皐月賞予想→反省

[予想]
 ◎マイネルレコルト
 ○ビッグプラネット
 ▲ディープインパクト
 △アドマイヤフジ
 △ヴァーミリアン
 △ローゼンクロイツ
 △アドマイヤジャパン
 △ダンスインザモア

 わがPOG馬、ディープインパクトは、やっぱり差し届かないリスクを考えて、単穴評価。マイネルレコルトからだと広めに流せるし。
 馬券は、
  ◎から○▲△へ馬連複流し
  ○▲の馬連複タテ目

[反省]
 TACの合間に、近くの上新電機で見た。36型のハイビジョンは、なかなかすごい迫力だった。。。
 そりゃそうと、ディープインパクト強すぎ。自分の所有POG馬では、初のGIだから素直に嬉しい。相手関係からしてダービーはさすがにこれで決まりか? 青葉賞勝ち馬との1点で。
 ところで、タガノデンジャラス、まさかGIで貸服で出てくるとは、何やってんだが・・・。

中山グランドジャンプ(J・GI)

私の本命ロードプリヴェイルは3コーナーで早くも脱落していったものの(熊沢は今年もだめだったか・・・)、直線の叩きあいは見ごたえがあって、久しぶりに「いいレースやったなあ」。
最後の坂を上りきっての差し返しは、鞍上(豪・スコット)の風車ムチのアクションとあいまって、なかなかすごい迫力だった。

同期結婚式

ということで、久しぶりに結婚式なるものに行ってきました。
同期づきあいが悪い私は、かなり不安と緊張に苛まれながら行ったのだが・・・。
もうね~、やっぱうちの会社の人間って馬鹿で愛すべき人ばっかだわ。。。
「(弊社版)お酒様」では死ぬほど笑いました。

「新郎新婦、入場です」のあとに流れてきた「♪あいしあう~ふ~た~り~」(さくらんぼ)には、見事に心を鷲づかみにされて、非常に悔しい(笑)。

それにしても愛すべき同期よ。バリで無免許で捕まって、すかさず後輩の国際免許を出したらあかんやろ(笑)。しかもちゃんと警官の買収にも成功しているし、なんてやっちゃ。。。

勉強しよっと

あ~でもないこ~でもないと(私にしては存外)迷った挙句、ついに齢31にして初めて資格予備校の門を叩くことになりました。
大学時代は、TACだのLECだの行く奴の気が知れね~よ、在学中に会計士だの簿記だのとるのって、功利的で視野が狭いんじゃないの?(該当する人いたらごめん) などとほざいて、結局、ダビスタ三昧だった私だが、人間10年も経つとかわるもんです。。。

ということで、同期の結婚式がこのあと大阪で控えているというにもかかわらず、かなりタイトなスケジュールで(中山グランドジャンプなんかを口あけて見てるからだろ)受講申込のためだけに、わざわざ逆方向の三宮に行ってまいりました。
TAC神戸校は、阪神三宮からものの5分、国際松竹やら国際会館ホール(3年前に斉藤和義を見に行ったとこだ)やらが入っている立地条件は梅田校に比べると非常に恵まれたところで、エレベータホールからの眺めも良い、、、てなことはど~でもよくて、何せ若い人が多い。。。エレベータで男女の知り合いの取り合わせと一緒になると、妙な劣等感を感じてしまうほど(笑)。
様子を見ていると、公務員試験の資格取得のために通っている人が多いらしく、「わざわざ徳島から」だの「わざわざ三木から」だのという声がとびかっていた。
思えば、駿台の頃もそうだったように、こういう学校の神戸校って「兵庫県+遠くても香川・徳島」から受け入れました、ていう、そこはかとないマイナー感がただよっているのだな。これが大阪校だと、全近畿から来ていると思うのだが。。。

とりあえず、もう試験(証券アナリスト)まで2ヶ月もないこの時期に明らかに無謀な受講ではあるが、やってみっか。

Everlasting Love

「ブリジットジョーンズの日記2」以来、i-PodでHeavy Rotationとなっているこの曲、てっきりU2がオリジナルだと思っていたのだが、昨日、タカヒロから「いやいやGloria Estefanよ」と指摘を受けたので、調べてみました。

http://blog.livedoor.jp/speechtherapy/archives/10165100.html

なるほど、もともとは60年代の曲なのね。
タカヒロの指摘も正解!

ついでにi-Tunesで調べてみたら、同タイトルで30曲以上がヒット。(映画で使われていたJamie Cullum versionはなかったが)
かなりスタンダードナンバーなのね。

ソフトパッチ

日経朝刊によれば、「米経済はソフトパッチ(一時的な景気停滞)状態にある」そうな。
何でもこの「ソフトパッチ」て言葉、グリーンスパンが使い始めたらしいのだけど、もともとは雨で地面がぬかるんだ状態をさすんだって。
てことは、かの名ラジオ番組は、FOXあたりが放送すると、
「Softpatch Show by TSURUBE&SHINNO presented by CHIBO」
てことになるのか・・・。

んなもん、一部の関西人にしかわからんやないか。

お父さんの恋(@シアタードラマシティ)

サードステージプロデュース
中谷まゆみ作、板垣恭一演出のShow Caseシリーズ(だっけ)
ヴィクトル・ユーゴ(りん)展で、てんやわんやになっている黒ちゃんと。

相変わらず、脚本の伏線といい、役者のテンションといい、完成度の高い良い芝居だった(ちょい長いけど)。
開演前、部署の隣グループの飲みに軽くつきあってしまい、生ビールを2杯飲んでから行くというありえないことをしでかしたため、開演から5分ほど意識がない(笑)。

それにしても、客層がバラバラ。
明らかに前田吟を見に来ているおばちゃんはわかるのだけど、何人か「ロックな兄ちゃん」風のあんちゃんもいて、かなりバラエティに富んだ年齢層だった。

ただ、ちょっとドラマシティでやるには箱が大きすぎの感あり。
横の幅(間)がもうちっと狭いほうが、家族の距離感を描けるのになあと思った。
やっぱこういう芝居は近鉄小劇場で見たかったよなあ・・・。
(やっぱ、ドラマシティは好きになれん)

矢口、モー娘。脱退!?

人気が底なしとはいえ、ある程度の観客動員の見込める卒業公演すらなく、脱退させるってのは、何らかのウラがあるとしか考えられないのだが・・・。
かといって、2chに行っていろいろ調べようと思わないのは、あまりこだわりやら情熱がなくなっている証拠か?

ちょいとお休み

何だかバタバタしている今週、とりあえず更新は週末までお休みです。
明日はサードステージです。

サカノウエの夢かなう?

今日の日経朝刊に、こんな記事が・・・。
う~ん、フル生オケのチャイ5で退場する夢がかなってしまうのか。
200人なら4000万だが、20人なら400万ですむのか?
ウェスティンのWeb Pageを見てみたが、記載なし。

-----
ウェスティン東京と東京フィル、結婚式にオーケストラ――お値段は4000万円。
2005/04/12, 日本経済新聞 朝刊, 31ページ

 披露宴では指揮の共同作業――。ウェスティンホテル東京(東京・目黒)は五月、オーケストラの生演奏を取り入れた婚礼宴会の最高級商品「ウエディングデザイナーズ コレクション アフォート」の予約を始める。新郎新婦が一本の指揮棒でオーケストラを指揮する趣向も盛り込む。
 東京フィルハーモニー交響楽団と提携し、宴会場でフルオーケストラによる生演奏のBGMを流すのが売り物。料理を決める際に音楽担当者が同席し、料理の内容に合わせ一品ごとにBGMの曲を選べる。
 衣装は専属コーディネーターが担当、美容・着付けはホテル最上階のスイートルームで行う。ただし料金は料理が一人五万円から、飲み物が一人二万円からで総額は二百人規模の披露宴で四千万円程度と、ほぼマンション一戸分という。
-----

iPod Heavy Rotation Countdown

本日現在の再生回数ランキング。
ケツメイシ強し・・・。
-----
1. 25 回 ・・・ 涙 ( ケツメイシ )
2. 21 回 ・・・ さくら ( ケツメイシ )
3. 20 回 ・・・ I Try ( Macy Gray )
4. 17 回 ・・・ To Love You More ( Celine Dion )
5. 14 回 ・・・ Symphony no.5 in E minor, op.64 - 4. Finale. Andante maestoso-Allegro vivace ( Gergiev: Wiener Philharmoniker )
6. 13 回 ・・・ Good Night ( Bob Sheppard )
7. 12 回 ・・・ Complicated ( Avril Lavigne )
8. 12 回 ・・・ That's What Friends Are For ( Dionne Warwick featuring Elton John, Gladys Knight and Stevie Wonder )
9. 12 回 ・・・ スローなブギにしてくれ~ I want you ( 南 佳孝 )
10. 11 回 ・・・ Don't Tell Me ( Avril Lavigne )
-----

このランキングを見て、ふと思いついたのだが、いつの頃からか新馬戦で流れる入場テーマが、洋楽になっていた。
JRAもファイナルSの"Final Countdown"に味を占めたか?
それにしても、帰国後、グリーンチャンネルで中継を見ていたら、U2の"I Still Haven't found what I'm looking for"が流れたのにはビックリ。
他に何があるのか調べてみたら、結構バリエーションがあるのね~。
http://www.jra-van.ne.jp/mob/melo.html

Even Idiots Can Get Lucky

pMLB2-1929286dts.jpg

日経のスポーツ面より発見。
このTシャツほしいなあ。。。
http://shop.mlb.com/product/index.jsp?productId=1975911&cp=710000&filter=yes&fCat=710000&fbrandid=1039&fpricesort=priceAscending&parentPage=family

桜花賞予想→反省

[予想]
 ◎ラインクラフト
 ○エイシンテンダー
 ▲エアメサイア
 △エリモファイナル
 △ジョウノビクトリア
 ×ペニーホイッスル
 ×マイネコンテッサ
 ×ショウナンパントル

 馬券は、
  ◎○▲の馬連複Box
  [◎○]-[◎○▲△]-[◎○▲△]の三連単Formationで。

[反省]
 テーマを「(正式)トライアルで強かった馬」にしてたので、シーザリオに来られちゃあしょうがない。それにしてもエイシンは案外だった。

マイアミの美人妻

今日は、マイアミ在住の同級生の嫁の誕生日だったので、目ざとく電話してみたら、なんと愛娘Hanaちゃんをフィーチャーしたブログをつくりはじめたそうな。
http://blog.livedoor.jp/hana_2005/
それで負けじとこのブログをアップしてみたわけだが、いかがでしょう。

考えてみれば、1年前の今日は、AquedactでWood Memorialを見に行って、そのあとMeadowlandsで「ブリちゃん~」などと叫んでいたわけで、たったの1年でがらっと環境がかわったもんだ。。。
Wood Memorialは、スタート直前までトイレにこもっていたことを考えたら、やっぱあの時に既にかなり限界にきてたんだろうな・・・。

昨日も友人に話したけれど、もちろん健康でいるのが一番ではあるけど、あの時に入院して、結局帰国することになって、だからこそ得られたチャンスってのも目の前にあるんではないかな。
「人生はカードの切り方だ!」(by LifeCard CF)

めちゃイケ 春SP

朝刊を読んで、はじめてSPの日だと気づき、慌ててHDD録画。
抜き打ちテストに、いつの間にか「国立め茶の水女子高校」verができていて(去年の秋SPが第一回だったようだが)、目玉生徒は細木和子。
いやあ、それにしてもやっぱ岡村はうまいわ。
CALENDAR
03 ≪│2005/04│≫ 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT COMMNTS
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
INFORMATION

さかのうえ

  • Author:さかのうえ
  • 好きな馬:マヤノトップガン
    無人島に持っていく1枚:チャイ5@ゲルギエフ
    出張で新幹線に乗りこむたびに、おもちゃ箱をひっくり返したかの如く新しいアイデアが生まれるような人になりたい。
RSSリンクの表示
RECENT TWEETS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。